2005/5/17更新

【祇園ガイド新コーナー誕生】
新しいコーナーが誕生しました!祇園を紹介する上で一番大切なことはなにか?それは祇園のお店の紹介ですよね、祇園ガイドでも出来るだけ多くのお店に参加いただき明瞭な料金を提示することによって、みなさまが安心してお店に遊びに行っていただけることに努力しておりますが、各店舗の紹介はどうしてもお店ひいきになってしまいます。というか、お店からのコメントになります(笑) そこでお客さんの立場に立ってお店を紹介したいなと思ってた矢先に・・・自称祇園の遊び人を捕まえることができました!どこからどーみてもおっさんなんですが、オーラが違います!本当に遊び方を知ってらっしゃいますし、数々の伝説もあるみたいです(本人談)。そこでそのおっちゃんにお願いしてみることにしました。満面の笑みで「まかせとけ〜」と快諾していただきましたので、ここに【祇園を語る】コーナーとして不定期に更新していきますね!

祇園ガイドスタッフ


まずはご挨拶  

どうもみなさんはじめまして、私が【祇園の遊び人】でございます。
自分で言うと少し恥ずかしいですね。(笑)

しかし、祇園のことは裏も表も誰よりも知ってます!ちなみにこの祇園ガイドにある「祇園ビルパーフェクトガイド」掲載のビル名ですが、ぜ〜んぶ普通にいえますよ。 

まず、みなさんに知っておいていただきたいコトがあります。おそらく日本全国の歓楽街(私は銀座にもよ〜く行きましたが)で同じことが言えます。 ホステスが「私カレシいないんです」とよくいいますね? ほとんどウソ!95%はカレシが居ると思われます。
そこで考えよう! どうやってだまされに行くか? が達人のポイントなのです。だましたつもりがだまされる、まさに大どんでん返しですね。相手の手中にはまったようにみせかけて、実は冷静なのが遊び人です。

「私の誕生日だから来て♪」なんて電話毎日です。な〜んでお前の誕生日を祝わなくちゃイケナイんだ!?「来て来て♪」といわますが、言葉が隠れてるのです。実際は「お金を持って来て来て♪」 この【お金を持って】という主語が抜けておるんです。 そんなお金があるかーー! 

だけど・・・行ってしまう私です。。。(笑



〜恐怖体験〜

男3人でうろついていた時、花見小路にある「まりこ」というクラブが目にとまりました。
名前が私のカノジョと一緒なので寄っていくことにしました。

入ったとたん目に入ってきた光景は・・・

「女性」といえるかどうかわかんない生き物が!
たぶん50以上の女性ばかり。。。

ビールを頼んだ時点で 連れの2人は私をおいてそそくさと逃げ出しました。

そうこうしているとこの店のママとおぼしき女性がやってきたら・・・

なんと・・・ まるで生きた

ミイラではありませんか!

 

すぐに帰ろうとしたんですが・・・

「今ね、若手をつけるから^^*」

といわれて きたのが、クラブすずらんで年増でクビになった

 

「まさこ」!!!

 

丁重にお断りして

12〜3分で店をでました

しかし不思議なのは、けっこう広い店なのにお客がわりと入ってたことなんですよね〜
まぁ、70〜80のじじいたちだったみたいですが・・・

お店の飲み代
ビール2本
合計 30000円


★☆☆☆☆

★=1点 5点満点の総合評価(謎の遊び人独断と偏見指標)


今日は祗園でもまあまあ高級なクラブ新門前の【H】というお店を紹介しましょう。

このお店は値段が高いのは知ってました。

今日たまたま付いた子がな〜〜〜んと

「研ナオコ」!  まったくソレ

最初は会話も出ず・・・ そりゃ実際ね、やる気もなくしますよ、ホント
その女の子が言うのです。

「私の顔 ヘンでしょ?」

そこで おやじは

「うん、ちょっと研ナオコに似てる」 っていっちゃいました。

だけど、もともとはものすごく美人さんだったという話になり・・・

「じゃ なんで 変になったの?」 という素朴な疑問

「原チャリで電柱にね、

ぶつかったの〜〜〜!」

うそつけ〜〜〜〜〜!!

もともとその顔ちゃうんかぃ! 

と・・・ みごとな関西芸人にも負けないくらいのツッコミです。
ノリツッコミなんてする猶予もありません。

「わたし〜 ワインが飲みたいの・・・^^」

「お前は、

しょうゆかソースでも

飲んでおけ!」

ついつい 言ってしまった素直な私であります。。。 反省。。。

でもね・・・ あの顔でお金取っちゃいけないよ〜〜〜 反則です。
なんでこんな子が居たのかさえ ありえない話です。

お店の飲み代
1時間くらいでヘンシーおろして
合計 60000円

―付いた子が悪かった〜 星2個。
★★☆☆☆

★=1点 5点満点の総合評価(謎の遊び人独断と偏見指標)

 

祗園アシカビル
このビルは7〜8年前に出来たビルです。このビルが建てられた当初「クラブ亜子」というお店によく通ってました。なつかし〜なぁ〜 そんなことを考えてると、今はどーなってるのだろう?とふと思いました。 もちろん「クラブ亜子」はなくなってるのは知ってます。しばらく行ってなかったので、ちょっとのぞきに行くことにしました。 お〜   しっかりと店がはいってる(笑) さてさて、この「R店」に好奇心で入ってみることに。。。

エレガントで落ち着いた雰囲気。当時の内装のベースのまま改装したって感じ。なかなかなかなか(^^

ところが、、、席に着いてくれた女の子が中国人だったんですよ。

ま・・・ そこまでは許しましょう。 でも、どうにも納得ができなかったことがありました。

彼女がそこのお店で使ってる名前。。。

な〜〜〜にが「ヘレン」だ!!

ちゅ・・・ちゅうごくむすめ なのに 英語でヘレン。 いあ、英語の教科書やないんやから
ナンシーやジョージもいるのか!?in the park on monday 月曜に公園でばったり合うのか?

と、、、まあ大声で叫んでしまったので ママが飛んできました。

それがまた、すごい美人さん!!

納得しました。 (笑

お店の飲み代
セット 10000円
たんたかたん(焼酎) 10000円
合計 20000円

―この雰囲気で女の子の質なら安いと思う
★★★☆☆

★=1点 5点満点の総合評価(謎の遊び人独断と偏見指標)


祇園ガイドTOPページへ→